マスクが息苦しい原因は?正しい選び方と使い方を紹介!

マスク マスク

ようやく経済が再始動し始めました。都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和され、人の往来も活発になってきました。そのような状況のため、多くの人々がマスクを着用しています。

最近は従来からのマスクに加え、夏用マスク・冷感マスクなど、多種多様なマスクが販売され、利用されています。その中のどれを選んでも同じなのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

N95マスクは息苦しい

新型コロナウイルスの感染拡大が始まった頃、WHOは一般用のマスクは感染拡大防止に効果が無いとしていました。現時点で実用上最善とされているのは、医療従事者が使用するN95というマスクであることは何度も報道されていましたので、ご存じの方も多いでしょう。

N95マスクとは、NIOSH規格(米国労働安全衛生研究所)により定められた基準を満たすもので、高いフィルター機能により飛沫を高確率で捕集できます。新型コロナウイルス患者が多数訪れた病院では、医療従事者が身を守るためにN95マスクを長時間装着し、マスクに触れる顔の肌が荒れるなどのトラブルに見舞われていることもよく聞かれました。

それは単純に長時間装着しているということだけでなく、顔に密着させてマスクを固定した状態で使用していることも原因です。どんなに高性能のマスクを装着しても、マスクと顔の間に隙間があり、マスクのフィルター部分を通過しないで空気が隙間から入ってきてしまったらマスクの効果が発揮できないからです。

そのためN95マスクの使用感は「息苦しい」とのことです。まずはこの事実を知っておいた方が良いでしょう。

飛沫を捕集できるような高性能フィルターを装備したマスクを、顔と隙間ができないようにしっかり装着し、隙間を通る空気が無いようにして使用したら、基本的には息苦しくなるということです。

N95は高性能フィルターですので、これよりも少しフィルターの機能を落としたものは少々通気性が良くなる可能性はありますが、それでも正しく装着されていれば息苦しいはずです。

マスクの正しい使い方

前述のN95マスクのことからわかるのは、どんなマスクでも、マスクと顔の間に隙間があって、そこを通過する空気があるようであれば高い効果は期待できません。

使い捨ての不織布マスクでも、高い捕集性能のフィルターが使用されているものが多いです。性能が高いほどフィルターを空気が通過する時の抵抗が大きいので、もし顔との間に隙間があれば、ほとんどの空気がそこを通過してしまいます。

そのため使い捨ての不織布マスクでは、ノーズフィッターというワイヤーなどが鼻部分に入っていて、それの形を変えて調整するようになっているものが多いです。ノーズフィッターを使うことでしっかり顔との隙間を埋められれば良いのですが、メガネが曇るようであれば隙間が大きいでしょう。

また耳にかけるひもが緩かったりすると、横方向に隙間ができることもあります。とにかくこの隙間を少なくすることが大切です。

スポンサーリンク

マスクの正しい選び方

結局、厳密なことを言えば、医療用のN95のようにフィルター機能が高く、しっかり顔に隙間なく固定できるものを選ぶべきということになります。

しかし、現実問題として、一般の人がN95マスクを使うのは無理がありますし、そのようなものを日常的に長時間装着するのも困難です。

そうすると一般用に販売されているマスクを選んで購入することになります。基本的には飛沫を捕集できるフィルターが内蔵されていて、しっかり顔に隙間なく固定できるものを選ぶと良いでしょう。

一般に価格が安くなるほど隙間ができやすいですし、完璧に隙間が無くなるようなものは長時間使用するのはかなり大変です。1つの目安として、ある程度顔にフィット感があり、少し息苦しく感じるぐらいのマスクを選ぶと良いでしょう。それが隙間を通る空気が少ないことを示しているからです。

現時点では、構造とユーザーコメントなどからユニクロのエアリズムマスクは、現実的な選択としてベストのマスクの内の1つではないかと思います。フィルター内臓であり、布製マスク特有の顔へのフィット感がありますし、エアリズム素材で肌触りも良いです。ユーザーの「息苦しい」とのコメントも、マスクとしての効果と考えられます。

まとめ

マスクの正しい使い方・選び方について紹介しました。医療従事者ではない一般の人が日常的に使用するものとしては、医療マスクレベルのものを求めるのは現実的ではなく、一般用のものの中から良いものを選びましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました