レジ袋有料化は意味がない?バイオマスと生分解プラスチックはなぜOK?

レジ袋ライフ

2020年7月1日より、レジ袋有料化がスタートします。プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者が対象となります。海洋などに流出したプラスチックゴミの汚染が深刻になり、国際的にプラスチックを削減しようという動きの中で、日本でも海外に追随してこのような規制が導入されました。本当に意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

レジ袋有料化が始まった!

レジ袋有料化は、2020年7月1日より、プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者を対象に始まります。レジ袋は1枚当たり1円以上の価格を設定するように義務付けられており、何円に設定するかはそれぞれの事業者に任せられています。

例えばセブンイレブンでは、大・中・小・お弁当用の4サイズは3円、特大サイズは5円です。

レジ袋有料化が始まった中でも、以下の3種のレジ袋については有料化の対象外となっています。

1.プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの

2.海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの

3.バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

(*経済産業省ホームページ参照)

これらのレジ袋を使用し、レジ袋を無料にする店舗も出てきています。

規制によるレジ袋有料化が始まる前から、レジ袋を有料にしたり、レジ袋を辞退すると割引になるなどの対応をしていた店舗もあり、マイバックの使用を推奨してきたことから、レジ袋削減の動きはありました。

今回の規制により、レジ袋有料化の全国的に始まり、広く認知されることから、さらにレジ袋の辞退率は上がるのかもしれません。

スポンサーリンク

バイオマス素材と生分解性プラスチックとは?

前述のように「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」と「海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの」については、レジ袋有料化の対象から除外されています。

バイオマス素材と海洋生分解性プラスチックとはなんでしょうか?以下に簡単に説明します。

バイオマス素材

ここではバイオマスから作られたプラスチックのことを指します。それが従来のプラスチックと混ぜられ、その比率を25%以上にしたものだけ有料化の対象から外して良いということです。

バイオマスは、広い意味では生物由来の資源のことを指しますが、ここでは植物由来の資源のことと理解して良いでしょう。

植物は、光合成をして二酸化炭素を吸収し、成長します。したがって、植物由来のプラスチックならば、使用後に焼却処分をしても大気中の二酸化炭素(=温室効果ガス)を増やさない「カーボンニュートラル」という考え方があります。

具体的にはトウモロコシなどからプラスチックを作り出す技術は実用化しています。しかし、トウモロコシを栽培するには多くのエネルギー、肥料、水を必要としますし、さらにトウモロコシからプラスチックを作るために多くのエネルギーを投入しますので、本当に「カーボンニュートラル」であるのかは疑問視する意見が多いです。

生分解性プラスチック

環境中で、微生物の働きにより分解され、水と二酸化炭素などにまで分解されるプラスチックを、生分解性プラスチックと呼びます。これまでもいくつかの種類のものが開発・実用化されています。

注意が必要なのは、「環境中」と言っても、いくつかの条件で規格化されていて、生分解性プラスチックの分解される条件が異なっているという点です。

例えば、ゴルフのティーや農業用マルチフィルムなどは、土壌中で生分解する性質があります。これらのほとんどは、海洋中ではほとんど生分解しません。

レジ袋として上記の有料化の対象から除外されるのは、「海洋中で生分解する(=海洋生分解性)」のプラスチックのみです。国際的に深刻化する海洋プラスチック汚染への対策を想定していためのようです。


スポンサーリンク

レジ袋有料化は意味がない?

今回のレジ袋有料化は本当に効果があるのでしょうか?それとも意味がないのでしょうか?

世界からプラスチックゴミによる汚染を無くしたいのであれば、プラスチックの製造販売を禁止すればより効果的です。しかし、現実問題として世の中からプラスチック製品を全廃することはできません。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、医療従事者用のマスクや防護服、一般の人用の不織布マスクが不足し、政府の要請で多くのメーカーが増産に取り組みました。これらが基本的にはプラスチック製品であることは、多くの人が認識しているでしょう。その他のプラスチック製品を挙げれば膨大な数になります。

現状では、プラスチックに替われるような他の素材がなく、できるだけプラスチックの使用量を削減するしかないということになります。

そのため比較的に取り組みやすいレジ袋を対象とし、有料化することで使用量を減らそうという取り組みです。買い物をする度にレジ袋が必要かどうか尋ねられますし、有料であることが伝えられますので、ある程度レジ袋辞退率が上がる効果はあるでしょう。

悩ましいのは「バイオマス素材」と「海洋生分解性プラスチック」のレジ袋を対象外とする扱いです。

まずバイオマスは、前述のように生分解性とは異なる概念です。したがって、バイオマス素材でありながら生分解性があるものと無いものがあります。海洋生分解性となると、現時点ではカネカの生分解性プラスチックぐらいしか製品化されていないようなので、ほとんどのものは海洋生分解性が無いと考えて良いでしょう(*詳細はそれぞれのプラスチックをご確認下さい)。

したがって、「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」を使用したレジ袋は、海洋中に流出すると、従来のプラスチックと同様に海洋を汚染することになります。またカーボンニュートラルという概念も前述のように疑問もあります。

「海洋生分解性プラスチック」を使用することは意味がありますが、現時点では高価で、具体的に利用できる製品が限られるため、ほとんど流通しないと考えられます。コストをかけてこれらを使用しても、ゴミとして回収され、焼却するのであれば従来のプラスチックと大差ありません。もちろん、投棄され、環境中に放出された場合は、その価値を発揮しますが・・・。

プラスチックゴミ問題は、簡単には解決できる問題ではありませんし、もちろんこのレジ袋有料化という取り組みだけで解決できるものではありません。しかし、少しでも良い方向へ進むことを願うばかりです。

まとめ

レジ袋有料化について解説しました。これだけでプラスチックゴミ問題が解決するものでは無いですが、問題であることを継続して訴え、資源を大切にする方向へ多くの人の意識を誘導することは必要と考えます。その1つのきっかけとなればと願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました