TCLのテレビは壊れやすいの?口コミ・評判とハイセンスとの比較を解説!

テレビ有機ELと液晶

最近、Amazonのサイトや家電量販店などで見かけることが多くなったTCLのテレビ。TCLとはどこの国のメーカーなのかご存知でしょうか?

TCLのテレビは壊れやすいのではないかとのコメントも見かけますが、本当なのでしょうか?

わかりやすく解説します!

スポンサーリンク

TCLのテレビは壊れやすい?

テレビはブランド力が重要な商品で、あまりよく知らないメーカーのテレビをあえて選ぶ人は多くはありません。

そのためTCLのテレビを見かけることが多くなっても、TCLのテレビを買ってよいのかどうか不安を感じる人が多いのも無理もありません。

TCLはどこの国のメーカー?

TCLとは、中国の電気機器メーカーの略称で、正式には「TCL科技集團股份有限公司」という名称です。

TCLというロゴを使用しています。

TCLのことをあまり聞いたことが無い方も日本では多いですが、実はテレビの販売台数では世界2位の大企業です。

ちなみに世界1位は韓国のSamsungです。Samsungは圧倒的な世界1位ですが、それでも日本でテレビを販売していません。

過去にSamsungは日本のテレビ市場に参入を試みましたが、上手く行かず、撤退しました。

日本のテレビメーカーが強かったので、日本人はあえて日本のテレビではなく、海外メーカーのテレビを買おうという人は非常に少なかったためです。

しかし、複数の日本のテレビメーカーの業績・経営不振で、テレビ事業から撤退するメーカーも増え、LG、ハイセンスなどの海外メーカーの日本市場への参入が続いています。

そして最近目立つようになってきたのがTCLのテレビです。

TCLのテレビは壊れやすい?映らない?故障・不具合は?

まず冷静に受け止めたいのは、どのような工業製品でもわずかな確率で不良品は発生します。

仮に不良品が100万台に1台でも、その製品を運悪く買ってしまった人にとっては100%なので残念です。

しかし、だからと言って残りのすべてが不良品というわけではありません。

ほとんどのメーカーが実際の不良品率を発表しませんし、発売後10年間の不良品率がどのぐらいになるのかもメーカーとしても10年間調査しなければ確認できません。

また10年間のテレビの使用状況も千差万別で、例えば24時間休みなく使い続けたり、高温多湿の場所で使われたりするものもある可能性があるため、統計的に正確な結果が得られるとも限りません。

あくまでも定められた使用条件下で、通常の使い方をした場合の製品保証ですので。

したがって、不具合が発生したSNSへの投稿があるからと言って、その製品が壊れやすいと判断するのは危険です。

中国製のテレビだから壊れやすいという考えは古い

かつては日本製(Made in Japan)は高品質で壊れにくいという定評があり、世界中で今でも日本製品へのイメージとして定着している感があります。

自動車などは、今でもそのような高品質の日本製品のシンボル的なものとなっているようです。それは中古車市場が存在し、長期間・長距離使用される車があるため、リアルに日本製品の故障率の低さ・寿命の長さが体感できるためです。

その理由は、使用する部品の品質基準から高いレベルに設定されていることにあります。もちろん生産工程等のレベルの高さもあるでしょう。

それでも忘れてはならないのは、1つも不良品・故障が発生しないというわけではないということです。

また日本製だからすべてが同じレベルの品質管理をしているわけではなく、メーカーや製品によるということも重要です。

メーカーによって品質に差があるというシンプルな事実を理解しておきましょう。

そのシンプルな事実が中国製のテレビにも当てはまります。

中国製だからすべて粗悪品ということもないです。メーカー・製品によります。

常識的に考えてあまりに粗悪品であれば、世界2位の販売台数にはならないでしょう。

さらに現在のテレビ業界のことに詳しい方ならば、液晶パネルのほとんどは中国で生産されていることを知っています。

日本メーカーでも、多くの製品にその重要部品である液晶パネルは中国製を使用しているわけです。

むしろ日本メーカーの要求水準を満足する液晶パネルを中国メーカーが製造することができると考えるべきでしょう。

パナソニックは、ビエラの液晶テレビをOEMでTCLに設計・製造を委託するとの報道もありました(*日本経済新聞の報道で、まだパナソニックによる正式発表ではありません)。

現在のテレビの多くは、デジタル機器ですのでハードウェアだけでなくソフトウェアも重要です。

ソフトウェアについては、多くのトップブランドメーカーの製品でも不具合が発生することが多く、その後、修正プログラムが配布するなどの対応をすることもよく見聞きします。

TCLの製品についても、仮にソフトウェアの不具合が発生したとしても、それだけで判断するのではなく、その後のアフターサービスが行われていれば問題ないと判断すべきでしょう。

したがって、中国製だからというだけで壊れやすいと考えるのは、もはや古いと言えるでしょう。

*TCL以外のすべての中国製品まで高品質と言っているわけではありません。一部の製品には粗悪品があります。

 特にリチウムイオンバッテリーなどの粗悪品が危険なものは、注意して選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

TCLのテレビの評判・口コミは?

前述のようにTCLは、販売台数で世界2位のテレビメーカーです。販売台数が多いということは、部品の調達においても有利で、最終的にテレビの価格を下げることが可能です。

そのため他のテレビメーカーは事業が厳しくなり、撤退する動きも相次いでいます。その結果、TCLはさらに研究開発を進め、より性能的にもレベルが上っています。

低価格を武器にシェアを獲得してきたTCLが、技術力・性能を高めてきているわけですので、ますます評判は良くなってきますね。

TCL製品の特徴について、いくつかの製品をピックアップしてさらに解説します。

C815シリーズ

TCLの上位機種のテレビの特徴の1つは、量子ドットLED技術「QLED」採用していることです。

QLEDを使うと鮮やかな色が表示できるというメリットがあり、TCL以外ではSamsungが採用しています。

日本メーカーではSONYが1回採用しましたが、その後継機からは採用していませんので、日本のテレビ市場ではTCLが中心的にQLEDを搭載したテレビを販売しています。

もう1つがマイクロディミング機能です。

これは直下型バックライトのローカルディミングをさらに細分化した技術です。詳細は割愛しますが、要するに表示映像のコントラストを高め、メリハリのある画像表示を可能にしています。

このような最先端の技術を搭載した55インチの液晶テレビが、TCLならば7万円以下から買えるというのは驚きです!



スポンサーリンク

P615シリーズ

QLEDは無くてもいいかなという方におすすめなのが、P615シリーズです。

マイクロディミング機能は搭載していて、HDR10/HLG/Dolby Visionに対応していますので、高コントラストのメリハリのある映像表示が楽しめます。

P615シリーズには43インチもあります!テレビを設置する部屋の大きさによっては、55インチでは大きすぎるという方も多いはずです。

43インチのこの機種が5万円台ですので驚きです!


TCLとハイセンスのどっちがいい?

TCLよりも日本のテレビ市場ではハイセンスの方が売れています。ハイセンスもTCLと同じ中国のテレビメーカーで、世界のテレビ市場でのシェアは4位です。

つまり、ハイセンスもTCLと同様に日本のテレビメーカーよりも圧倒的に多くのテレビを世界で販売していますので、力のあるテレビメーカーです。

TCLに先んじてハイセンスは日本のテレビ市場に参入してシェアを拡大し、すでに日本国内でもパナソニックよりもシェアが大きくなっています。

特に東芝レグザを開発・販売していた東芝映像ソリューションを買収してからは、目に見えてテレビの画質が向上しました。

したがって、迷うのはTCLとハイセンスのどっちを選ぶかということ。

結論から言うと、「好きな方を選んで良い」ということになります。

どちらも低価格ですのでお買い得です。

前述のQLEDとマイクロディミング機能についてはTCLの方が優れています。

ハイセンスは、東芝レグザの技術を活用しているので、画像エンジンが優れています。場合によっては東芝レグザを選ぶということもありです。

有機ELテレビが欲しい場合は、TCLにはありませんので、ハイセンスあるいはその他のメーカーから選ぶということになります。

まとめ

最近、日本のテレビ市場で売れ始めているTCLについて紹介しました。驚きの低価格のテレビが発売されていますので注目です!

液晶テレビに倍速機能が必要なのかについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました