液晶テレビに倍速駆動は必要?残像の原因は?応答速度は?

液晶テレビ 有機ELと液晶

最近は4Kの液晶テレビの価格も下がり、高画質の映像を多くの人が楽しんでいます。液晶テレビのスペックを見ると倍速駆動という機能があります。これは倍速機能と表示されることもありますが、必要なのでしょうか?倍速機能が搭載されている機種とそうではない機種がありますが、不要なのでしょうか?以下に解説します。

スポンサーリンク

液晶テレビに倍速駆動は必要?

液晶テレビに倍速駆動(倍速機能)が必要か否かということについては、結論から言うと使う人の好みによります。

倍速機能が搭載されていない液晶テレビを使っていて、特に動画表示に違和感や不満を感じないようであれば、非搭載の機種の方が安いですし、良い選択と言えるでしょう。

しかし、動画を観ていて違和感を覚えたり、残像が気になるようでしたら倍速機能が搭載されている機種を選んだ方が良いでしょう。家電量販店のテレビ売り場に行けば、倍速機能搭載機種と非搭載の機種がありますので、見比べてみればすぐに違いがわかるでしょう。

私は、倍速機能が付いている機種でなければ、じっくり映像をみるのは辛いです。一番嫌な感じがするのは、サッカースタジアムなどで観客席を映しながらカメラをパンして、スタジアムの様子を映す時などです。多数の観客が残像として感じられ、そのザラザラ感に鳥肌が立ってしまうことがあるからです。

これはスタジアムに限らず、ある程度細かなものをカメラをパンして映す時などにはいつも発生する現象です。これが倍速駆動を使えば、格段に改善されます。したがって、私にとっては倍速駆動は必要です。

液晶テレビの残像の原因は?

液晶テレビの残像の原因はどのようなものでしょうか?主な原因としては、「フレームレート」と「液晶の応答速度」があります。

フレームレート

フレームレートとは1秒間のコマ数です。地デジなどは60コマ/秒のフレームレートで、60pあるいは60Hzなどと表記されます(*下記、(注)参照)。最近、4Kのビデオカメラが販売されていますが、多くの機種で4Kは30p(30コマ/秒)で記録されます。30pで動くものを撮影し、映像を液晶テレビで確認してみると、コマ送りのようにカクカクした動きになることがわかります。

これと同じことが動きの速いものを表示した場合には60pで起こります。例えばサッカーの強烈なシュートなどは、滑らかな動きにならず、残像が感じられます。また前述のようにスタジアムをパンすると、それほど速い動きでなくても、画面に大きく多数の観客が映っているとザラザラ感があります。

30pと60pを比較すると格段に動きが滑らかになることがわかります。つまり、毎秒のコマ数を増やせば滑らかになるわけです。人間の眼にとっては、120p(120Hz)以上になればかなり滑らかに見えます。倍速駆動では120pのものが基本です。もともとが60pでその2倍であるためです。

(注)厳密に言うと「60フィールド/秒」送信しています。これはインターレース方式というもので、画面を横方向の走査線で順番に描画するもので、奇数番目走査線だけの画像情報と偶数番目だけの画像情報を順番に送っています。これらそれぞれを「フィールド」と呼び、奇数番目の走査線の画像と偶数番目の走査線の画像を合わせたものを1コマと考えると毎秒30コマ送っています。しかし、動きのある映像では、奇数番目の画像と偶数番目の画像には時間差があり、合体させても1つの正しい画像にはなりません。そのように考え、フィールド数をコマ数として記述しましたが、厳密には上記のようなこととなります。

液晶の応答速度

液晶テレビでは、液晶分子に電圧を印加し、分子の向きを変えることによって画素ごとの明るさを調節し、画面全体の画像を表示しています。例えば真っ暗であった画面から、電圧を印加して真っ白(最大輝度、最大の明るさ)に買えた時には、非常に短い時間で液晶分子が動いています。これに要する時間が先程の毎秒のコマを切り替える時間に比べて無視できないほど遅い場合は、残像が感じられる場合があります。

特に最大輝度の場合はもっとも大きな電圧をかけることになるので、液晶にも大きな駆動力が発生するのですが、中間ぐらいの明るさの場合、動きも中間程度で、それに合わせて電圧も中間程度になります。それでは液晶に働く駆動力が弱くなるので、最初に大きな電圧をかけて、液晶がある程度動いてから最終的な電圧に下げて調整する「オーバードライブ」という方法が開発され、液晶の応答速度が高められています。

また液晶分子の開発により、より応答速度が高いものも開発されています。

液晶が動いている間の映像が見えてしまうことが残像の原因になりますので、液晶が動いている時はバックライトを消すという技術を搭載した機種もあります。つまり、もともと60コマ/秒の各コマの間に1コマ挿入して120pにするのが倍速駆動ですが、その120コマ/秒の間にバックライトを消した「黒画面」を挿入するわけです。これにより、液晶分子が移動している間の映像が見えなくなり、動きの速い映像を表示することができます。

スポンサーリンク

液晶テレビの応答速度は?

液晶の倍速駆動や残像の話をすると、応答速度という言葉が出てくることがあります。1つは前述の液晶分子の動きのスピードを指す場合があります。しかし、それ以外の意味で使われることがあります。それは主にゲーム用に液晶テレビを使用する場合の応答速度です。

ゲームの種類にもよるのですが、コントローラーでコマンドを入力・操作し、対戦相手のスピード勝負をするようなゲームにおいては、コマンド入力から実際に画面の映像に反映されるまでの応答速度が重要となります。これは前述のような液晶分子の動きだけでなく、コントローラーから電気信号を信号処理してテレビまで伝え、映像として表示するまでの電気的なプロセスに要する時間も含まれます。

もちろん、前述のような映像のフレームレート(コマ数/秒)も関係してきます。

本格的なeスポーツのようなスピード勝負のゲームをする場合には、液晶テレビを使用するよりは、液晶のゲーミングモニターを使用した方が良い場合があります。ゲーミングモニターならばフレームレート(リフレッシュレート)が144Hzや240Hzのものもあり、電気的な応答速度も高速になるように作られているからです。

まとめ

液晶テレビの倍速駆動とその必要性、残像の原因などについて紹介しました。滑らかで高速の表示性能で映像を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました