メガネの曇り止めの布(クロス)のやり方は?どこで買える?

眼鏡曇り止め ライフ

最近はマスクを着けることが多いため、メガネの曇りに悩まされています。マスクを着けていなくても、温度差がある場所を行き来すると曇ってしまうことがありますね。曇り止めを使いましょう!

ところでメガネの曇り止めを買いに行ったら、いくつかのタイプがあることに驚きました。迷った末に布(クロス)タイプの曇り止めを選びました。実際に使ってみましたので以下に紹介します。

スポンサーリンク

メガネの曇り止めの布(クロス)をパリミキで買いました

私はいつもメガネをかけていますが、曇り止めは使っていませんでした。しかし、マスクを着けるようになってから、眼鏡が曇って不便に感じることが増えたため、止むを得ず曇り止めを使うことにしました。

とりあえずインターネットでメガネの曇り止めについて調べてみると、適当ではない曇り止めを使うとメガネのコーティングを痛めてしまう可能性があるとの説明があり、少々心配になってしまいました。

「やはりメガネを買った眼鏡屋に行って、相談してから買った方が安全かな」と考え、近所のパリミキに行き、お店のスタッフに相談しました。「曇り止めの種類によってはメガネのコーティングにダメージを与える可能性があると聞いてのですが、このお店で買ったこのメガネにはどの曇り止めが使えるのでしょうか?」と尋ねました。

「当店で販売しているメガネ用の曇り止めならばどれでも大丈夫ですよ!スキーのゴーグル用の曇り止めなどの中には、メガネには適していない曇り止めもあるみたいです」とのことでした。

メガネの曇り止めには、液状タイプ、スプレータイプ、ジェルタイプなどいろいろありますが、布(クロス)タイプを買いました。

メガネの曇り止めの成分は?クロスの効果は?

パリミキで購入したメガネの曇り止めは以下の商品です。

眼鏡曇り止め
金属の缶を開けると、柔らかい水色のクロスが入っています。

眼鏡曇り止め
パッケージの裏側を見ると成分が記載されています。基本的には界面活性剤をメガネのレンズ表面に塗ることで、曇り止めの効果を発揮するようです。

眼鏡曇り止め
使用方法の説明にあるように、メガネのレンズを清掃してからクロスでレンズ両面を5回程度拭きました。その後、ハーと息を吹きかけてもメガネが曇らないことを確認しました。

このようにクロスで拭くだけでメガネの曇り止め処理ができるのがクロスタイプのメリットです。液状タイプ、スプレータイプ、ジェルタイプは、メガネのレンズ表面に均一に広げるために、曇り止めを付けた後にティッシュやクロスなどで拭かなければなりません。他のものに曇り止めが付いてしまうこともありますし、均一に広げることが案外手間がかかり面倒です。

それに比べるとクロスタイプは、液状・ジェル状の曇り止め剤を使用せず、クロスで拭くだけですので断然簡単です!


スポンサーリンク

クロスタイプのメガネの曇り止めの効果の持続時間は?

クロスタイプのメガネの曇り止めを使用した直後は、前述のように息を吹きかけてもメガネは曇らず、曇り止めの効果を発揮します。このまま放置し、メガネを曇らせなければその状態がしばらく維持されると考えられます。

問題は、曇り止めを使わなかった場合は曇ってしまうような状況で使用を続けた時に、どの程度効果を持続するのかということです。試しにテニススクールの80分間のレッスンで使用してみました。

通常のテニススクールのレッスンであれば、メガネが曇ることはほとんどありません。しかし、最近は新型コロナウイルス感染防止のために、困ったことにテニススクールでもほぼ全員がマスクを着用してテニスをしています。これは絶対着けなければいけないということではないのですが、コーチをはじめみんなが着用しているので、基本的にはマスクを着用せずにはいられません。

ただし、熱中症のリスクと、激しく動いた際に酸欠になるリスクがあるので、苦しくなったらマスクを外すように指示されています。マスクをしているだけでも暑い時期は息苦しいわけですので、10分程度ボールを打つとすぐに行きが荒くなってメガネが曇ってきます。

このことが曇り止めを使おうとした最大の理由なのですが、その効果もあってレッスンが始まってしばらくは曇らずに快適でした。ところがレッスン終盤には少し曇るようになってしまいました。

気温も高く、大量の汗をかきますので、メガネにもかなりの水分が付着し、界面活性剤の効果が落ちてくるためなのかもしれません。

この曇り止めを購入したパリミキのスタッフも、「1日1回クロスで拭いている」と言っていたので、通常の使い方でも持続期間はその程度のようです。特に大量の汗をかいて、多くの水分が付着するような状況となると、曇り止めの効果の持続時間が短くなるようです。それでもクロスを持ち歩いて、必要があればすぐに塗り直すようにすれば問題ないでしょう。

便利で使いやすい曇り止めです!

まとめ

クロスタイプのメガネの曇り止めについて紹介しました。他のタイプのものと比べても、使いやすいですし、塗り直しも簡単ですのでおすすめです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました