IPS液晶のデメリットは?スマホもテレビも有機ELになるの?

iPhone 有機ELと液晶

IPS液晶は、TN液晶とVA液晶の後に普及し始めた優れた液晶です。テレビやスマホにもIPS液晶が搭載され、ハイエンドの製品として売れました。しかし、最近は有機ELを搭載したテレビとスマホが、ハイエンドの製品としてラインアップされています。

これはなぜなのでしょうか?IPSには致命的なデメリットがあるのでしょうか?有機ELの魅力は何なのでしょうか?以下に解説します。

スポンサーリンク

IPS液晶のデメリットは?

IPS液晶とは、In Plane Switching方式の液晶のことです。TN液晶およびVA液晶と比べて視野角が広く、斜めから見ても正面と大きく画質が変わりません。この特性が高く評価され、テレビに搭載されました。しかし、IPSが広く普及したのは、AppleのiPhoneに搭載されたされたことがきっかけとなりました。

スマホの画面は、すぐ近くで見ますし、かなり斜めからも見ます。このような使い方にはIPS液晶の広視野角という特性により実現しました。またiPhoneではRetinaディスプレイという画素密度が従来にないほど高いものを搭載し、スマホを世界に普及させました。

このようにIPS液晶は、スマホの新しい時代を開いた優れたディスプレイで、現時点でもiPhoneの一部のモデルに搭載されています。ところがAppleがハイエンドのiPhone Xに初めて有機ELを搭載してから、スマホ各社もハイエンドモデルに有機ELを搭載するようになりました。

ディスプレイの画質を有機ELと比較した時に、IPS液晶の最大の弱点は黒が真っ黒に表示できず、コントラストが低いことです。それ以外の画質では、必ずしも有機ELに劣るわけではなく、色域(表示可能な色数)ではむしろ上回っています。

IPS液晶をスマホに用いる場合の限界

前述のようにディスプレイの画質という点では、確かに有機ELはIPS液晶よりもコントラストが高く、真っ黒を表示できるという点が優れています。しかし、スマホは、多くの場合、屋外などの外光の強い条件下で使用することが多く、映り込みもありますので、必ずしも真っ黒が表示できる特性だけでかなり価格の高い有機ELを選択するとは考え難いです。

有機ELは斜めから見た時に正面と色が変わりやすいという特性もあり、純粋にIPS液晶と画質を比較して劣っている点もあります。

Appleは、新型iPhoneを開発する際に、ユーザーをあっと驚かせるような新しいものを盛り込むことに多大な努力をしていました。「新しいディスプレイ」ということをユーザーにわかりやすく伝えるということで、IPSに替えて有機ELを搭載したという一面があると考えます。

それがiPhone Xで導入された画面上部の切り欠き部分と、全面ディスプレイです。IPS液晶は、基本的には長方形などの形状以外は作りにくく、特に切り欠きのような一部だけ凹んだようなデザインは困難でした(*その後、切り欠きのデザインはIPS液晶でも実現はしています)。また画面全体をディスプレイとした時に、コーナー部分の曲線形状もIPS液晶では難易度が高いですが、有機ELであれば比較的簡単に実現できます。

AppleにiPhone用の有機ELパネルを供給しているのは、韓国サムスンですが、同社のスマホGalaxyでは側面のエッジ部分を曲面にした有機ELをかなり前から販売しています。さらに最近は画面ごと折り畳み可能な有機ELのスマホも販売しています。

これらはIPS液晶では作れないデザインです。このようにユーザーにわかりやすいデザインという点で、将来的な可能性まで考慮して有機ELを採用していると考えられます。


スポンサーリンク

IPS液晶をテレビに用いる場合は?

テレビに置いても同様に、各社ハイエンドの製品には有機ELを搭載した機種をラインアップしています。画質についても同様に、黒の表示についてはIPS液晶は有機ELに敵わないですが、それ以外の特性においては必ずしも劣っているわけではありません。

スマホと異なり、テレビの場合は奥行きがもう少し許容されますので、直下型バックライトを搭載することができ、その部分駆動(ローカルディミング)によりIPSの最大の弱点であるコントラストを大幅に改善することに成功しています。このような機種であれば、部屋の明かりを消して映画などを見ない限りは、黒表示時の光漏れが気になることはほとんどないでしょう。

さらにIPS液晶テレビの最大のメリットは、有機ELテレビに比べてかなり安いことです。これにより販売台数ベースでは、まだ当面はIPS液晶テレビの方が有機ELテレビよりも売れます。

有機ELテレビ用の大型パネルは、韓国LGがほぼ独占的に供給しています。その生産能力が上限となるため、当面は台数ベースのシェアは液晶テレビが圧倒的に優位です。

しかし、日本のテレビメーカーにとっては、大きな課題に直面しています。それは中国勢の大量生産により、液晶パネルおよび液晶テレビの価格が急速に低下し、利益が上げにくくなっています。昨年度は、日本で多くのシェアをもつパナソニックでさえテレビ事業が赤字になっています。そのため利益を出しやすい有機ELテレビの比率を上げる方向で進んでいく可能性があります。

これもメーカーサイドから見たIPS液晶のデメリットと言えなくもないです。

まとめ

IPS液晶のメリットとデメリットについて紹介しました。当面は液晶がディスプレイの主流である状況が続きますが、着実に有機ELのシェアが上がっていくと予想されます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました