テレビの液晶画面の手垢の掃除!簡単な拭き掃除で大丈夫!

液晶テレビ有機ELと液晶

液晶テレビの価格も下がってきましたので、大きな画面のテレビを自宅に設置している方も多いでしょう。画質も高くなってきましたので、画面についた手垢(皮脂)も気になりますね。特に大きな画面になるほど、テレビを消している時の真っ暗な面積が大きいので、そこについている手垢はあまり気分がよくないという方もいらっしゃるでしょう。

画面をきれいに掃除したいと思っても、水拭きやガラスクリーナーなどをつかってはいけないのか?それとも使った方が良いのか?よくわからないという方も多いでしょう。以下に紹介します。

スポンサーリンク

テレビの液晶画面の手垢の掃除でやってはいけないこと

液晶テレビの画面の手垢を掃除する時に、やってはいけないことを以下に記します。

1. ガラスクリーナーを使ってはいけません。

2. 中性洗剤を使ってはいけません。

3. エタノールを使っていけません。

4. 有機溶剤を使ってはいけません。

5. ティッシュなどのあまり柔なくないもので拭くのはいけません。

以上に一般的に思いつきそうなものを列挙しました。それ以外にもテレビの取扱説明書などで使用しないようにしましょう。

なぜこれらのことをやってはいけないのでしょうか?それを理解するには、液晶テレビの画面がどのような素材でできているのかを理解すればよいでしょう。

液晶テレビの画面の最表面には、ポリマー(プラスチックなど)のフィルムが使われています。それだけですと、最表面で外光が強く反射してしまいますので、反射防止処理や防眩処理などのコーティングが施されています。

コーティングの種類はいくつかありますので製品によって異なりますが、ほとんどの場合は何らかの微粒子などを配合したポリマーのコーティング薄く施されています。

したがって、何らかの溶剤や洗剤などを使うとこのコーティング層にダメージを与えてしまう可能性があります。また薄いコーティング層とその下のフィルムもポリマーですので柔らかく、ティッシュなどの薄く、柔らかくないもので擦ってしまうと、これらに傷をつけてしまう可能性が高いです。

スポンサーリンク

テレビの液晶画面の手垢の掃除の方法

テレビの液晶画面の手垢の掃除の方法は、通常の状態であれば簡単な拭き掃除で大丈夫です。その方法は以下の手順になります。

1.画面のホコリを落とす

2.マイクロファイバークロスで拭く

非常にシンプルですが、使用するお掃除グッズが重要です。さらに詳し詳しく解説します。

画面のホコリを落とす

画面の手垢を落とす前に、必ずすべきことが画面をよく見てホコリや小さな砂粒などが付着していないかどうかを確認することです。

やわらかなホコリが少し付着している程度であれば問題ないのですが、風の強い日に窓を開けていると、外から小さな硬い微粒子などが飛んできて画面に付着してしまうことがあります。硬い微粒子が付着している状態で画面を拭くと、それによって傷がついてしまうことがあります。

またあまりに掃除をしていないと、ホコリが大量に付着して、それらが固まってしまうこともあります。そうするとその中に何か硬い微粒子が含まれているのかどうか判断が難しくなりますので、まずは柔らかなモップでホコリを除きましょう。

私がこれまでに実際に使ったことがあるモップの中では、ダスキンのハンディモップがもっとも高性能でした。ダスキンに依頼して持ってきてもらい、使用後に回収してもらうシステムになっています。モップがホコリを強力に吸着するので、本当にびっくりするほどよくホコリを取り除いてくれます。

その他にもテレビの画面を拭くためのブラシがありますので、試してみると良いでしょう。

マイクロファイバークロスで拭く

液晶画面の手垢を落とすには、マイクロファイバークロスが便利です。性能の高いものを選べば本当に拭くだけです。

マイクロファイバークロスもいくつかの製品がありますが、私が購入して試してみたのは以下の製品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レック LEC 激落ちクロスお徳用 (10枚入) S-361[S361]
価格:599円(税込、送料別) (2020/6/4時点)

楽天で購入

 


レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

これは本当によく落ちます。飛沫などが画面に付着したような汚れは、画面に「ハー」と息をかけて曇ったところを軽く何回か拭けば通常は落ちてくれます。

これはマイクロファイバークロスの繊維が優れた特性を発揮するということと、クロスが適度な厚みがあって画面を拭いても傷が付きにくいという長所によるものです。

メガネ拭き用の布などでは、非常に薄いものもありますが、あまりに薄いとテレビ画面のような広い面積を拭く時にやりにくいです。適度な厚さがあるこの製品が安いですしおすすめです。


スポンサーリンク

テレビの液晶画面に手垢以外の汚れをつけない

前述のように手垢程度の汚れであれば、比較的簡単に拭いて落とすことができます。小さな子どもがテレビ画面を触るようなことがあっても、強く押したりしなければそれほど心配しなくても良いでしょう。

しかし、手に何か他のものが付着していて、その手で画面を触るような状況となるとリスクがあります。例えば手にケチャップやマヨネーズが付いていて、それがテレビ画面に付着してしまうと画面にダメージを与える可能性があります。機種によっては修復不可能になるものもありますので、手垢以外のものが液晶画面に付着しないようにしましょう。

咳やくしゃみをする時も、テレビの方を向いてすると飛沫がテレビ画面に付着する可能性があります。また殺虫剤や消臭剤などを、何らかのスプレー方式で噴霧するものを使った時にも、テレビに付着しないように注意しましょう。特に有機溶剤などを使用しているものについては、テレビの画面にダメージを与えるリスクが高いです。

まとめ

液晶テレビ画面に付着した手垢(皮脂)を掃除する方法について紹介しました。きれいな画面で高画質の映像を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました