ハイセンステレビの2022年モデル発売日はいつ?新製品U8HとU7Hとは?

ハイセンステレビ2022年モデル発売日有機ELと液晶

日本のテレビ市場におけるハイセンス(Hisense)の販売台数シェアは順調に伸びており、TVS REGZA(旧 東芝REGZA)とシャープと熾烈な首位争いを繰り広げています。

TVS REGZAは、ハイセンスの傘下に入っていることを考えれば、ハイセンスとTVS REGZAを合わせたシェアがハイセンスグループのシェアであり、圧倒的なトップシェアです。

そんな日本で売れているハイセンスのテレビ。当然のことながら2022年モデルの新製品に注目が集まっています!以下に紹介します。

スポンサーリンク

ハイセンステレビの2022年モデル発売日はいつ?

2022年5月1日時点では、日本市場におけるハイセンスの2022年モデルのテレビの発売日および詳細は発表されていません。公式な情報が得られましたら、適宜、本記事に追記していきます!

ハイセンスによる2022年モデルのテレビの公式発表は、2022年1月初旬に米国ラスベガスで開催されたCES2022において行われました。

新たに発表された主な機種は以下です。
U9Hシリーズ(これがフラッグシップモデルです)
U8Hシリーズ(U8FGシリーズの後継モデル)
U7Hシリーズ(U7FGシリーズの後継モデル)
U6Hシリーズ(A6GシリーズとE6Gシリーズの後継モデル)

*この他に「8K LASER TV」というプロジェクションタイプのレーザーディスプレイも発表されましたが、一般的なテレビではありませんので割愛します。

ハイセンスは、世界トップレベルの販売台数を誇る中国の電機メーカーで、発表された上記のラインアップもグローバルでの展開です。そのため、日本で発売されるのかどうかはまだ確定していません。

おそらくすでに日本で販売されているU8FGシリーズとU7FGシリーズの後継モデルは、日本で販売されるのではないかと思います。

注目の技術・機能については、「2022年モデルはGoogle TVとなること」および「ミニLED(Mini-LED)バックライト搭載機種が初めてラインアップに加わること」です。

スポンサーリンク

U9Hシリーズ

2021年モデルの液晶テレビのハイエンドは、U8FGシリーズで、より下位機種になるほどU7FGなどのように番号が小さくなるルールになっていました。

2022年モデルではU9Hシリーズが追加されますが、このルールからもわかるように最も上位のフラッグシップモデルという位置付けです。

U9Hシリーズは、ミニLEDバックライトとアップグレードしたプロセッサーを搭載したモデルで、ピーク輝度は2,000nitsに達します。

サイズのラインアップや解像度について公式の詳し情報は発表されていませんが、85U9H 8K TVがCES2022イノベーションアワードを受賞したことは発表されています。

なお日本での8Kテレビの発売は未定です。


スポンサーリンク

U8Hシリーズ

U8Hシリーズは、その名称からU8FGシリーズの後継機種と考えられます。ミニLEDバックライトとアップグレードしたプロセッサーを搭載したモデルで、ピーク輝度は1,500nitsです。

フラッグシップのU9Hシリーズとの違いが、詳細にはまだわかりませんが、U8FGシリーズよりも性能・機能が向上するはずですので、実質的な4Kテレビとしてのハイエンドモデルとしてライバルメーカーと比較される機種となるでしょう。

U8FGシリーズも、かなり高画質な4K液晶テレビですので、型落ちとなって大幅に価格が下がるタイミングを狙って購入するのもオススメな作戦です!

すでにかなり安くなっていますね・・・。在庫限りのチャンスです!


U7Hシリーズ

U7Hシリーズは、U7FGシリーズの後継機種と考えられます。U7FGシリーズは、倍速機能を省略し、U8FGシリーズよりも下位の低価格中級モデルとして人気がありました。

注目なのはU7Hシリーズでは、倍速機能(120Hz)が搭載されることです。ライバルメーカーでも、ハイエンド機種より下の機種では、倍速機能を省略することでコストダウンし、低価格に設定しているので、U7Hシリーズで倍速機能搭載というのは衝撃です!

ハイセンスでは中級機種でも倍速機能搭載が当たり前になるということですね!

これでは価格設定によっては、ライバルメーカーは厳しい状況になりそうです。

型落ちになるU7FGシリーズの価格低下を狙って買うのも良いですね!

すでにかなりの低価格になっています・・・。これだけの性能の液晶テレビがこんな安いなんて・・・在庫限りです。


U6Hシリーズ

ハイセンスではエントリーモデルとして、2021年モデルではA6GシリーズとE6Gシリーズがあります。

これらはほぼ同スペックなのですが、販路によって型番を変えていたようです。

しかし、異なる型番でほぼ同スペックというのは混乱しやすいです。そのような意見があったのか定かではありませんが、2022年モデルからはU6Hシリーズとなります。

以下のE6Gの価格を見るとかなり安いことがわかります。しかし、実売価格でのU7FGとの価格差は1〜2万円程度ですので、価格を重視するならばE6G、少しでも画質を重視するならばU7FGがオススメです。


ハイセンスは廉価版REGZA?

ハイセンスグループがREGZAを研究開発する旧東芝映像ソリューション(現在のTVS REGZA)を東芝から買収して以降、REGZAの技術がハイセンスのテレビの画質・性能向上に活用されました。

実際、著しく画質が良くなり、各種メディアでの評価レポートで大きく報道されたことが、ハイセンスのテレビの日本市場でのシェアアップに大きく貢献していることは間違いありません。

テレビとしての映像の特性もREGZAに似ていることから、「廉価版REGZA」と言った評判も耳にします。

REGZAにとってもハイセンスグループの力を後ろ盾にすることで、新しいテレビを開発するための研究開発費も手厚くなりますし、テレビを製造するための部品・原材料も安く調達できますので、より優れたテレビを安く販売することができます。

このことがTVS REGZAの日本市場でのシェア拡大(*多少変動がありますがほぼトップ)に大きく貢献しています。

パナソニックの2022年モデルのテレビビエラについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました