有機ELテレビは映り込みで目が疲れる?地デジの画質も低い?

夜景 有機ELと液晶

有機ELテレビがメーカー各社のハイエンドモデルとしてラインアップされるようになり、価格も年々下がって来ましたので、販売台数も伸びているようです。

家電量販店のテレビ売り場に行くと、多くのテレビが並んでいますが、その中でも有機ELテレビの画質は素晴らしいですね。それでもいくつか有機ELテレビについての不満なところが聞かれます。以下に解説します。

スポンサーリンク

有機ELテレビは映り込みで目が疲れる?

「有機ELテレビは映り込みが激しく目が疲れる」という感想を聞くことがあります。本当でしょうか?

映り込みとは、照明などの外光がテレビの画面に鏡のように反射して、見えてしまう現象のことです。鏡のように反射したものがくっきり見えることもありますし、滲んで見えることもあります。

これは画面に外光が反射するわけですので、画面の反射防止処理によって映り込みをある程度抑えることができます。しかし、現在の技術でトップレベルの反射防止処理を施しても、反射率がゼロになることはなく、0.2%程度以上の反射率があります。低価格のテレビでは、コスト低減のために反射防止処理の性能を落としてもっと高い反射率になることが多いです。

この反射防止処理の差は、ハイエンドの液晶テレビと10万円以下の液晶テレビを比較してみるとよくわかります。有機ELテレビの場合は、ほとんどがハイエンドのテレビなので、反射防止処理の性能がそれほど低いとは考え難いです。

つまり、画面で反射する光量はハイエンドの液晶と同レベルなのに、黒を真っ黒に表示できる特性のために、比較的映り込みが目立ちやすいと考えられます。

映画のような暗い画面が多い映像ほど有機ELテレビのメリットが際立つのですが、そのようなシーンほど映り込みも目立つようになり、目が疲れる可能性があります。しかし、多くの地デジ放送番組などは、真っ暗を表示するような映像はより少ないと考えられ、映り込みは目立たなくなるでしょう。

それでも映り込みが気になる場合は、テレビと照明等の外光との位置関係を調節すると良いでしょう。

有機ELテレビは地デジの画質が低い?

有機ELテレビは液晶テレビに比べて地デジの画質が低いという感想を聞くことがあります。本当でしょうか?

結論から言うと、有機ELと液晶という方式の違いにより地デジの画質に大きな差が出るとは考え難いです。最近は4Kテレビが売れていますが、4Kテレビの場合はハイビジョン画質の映像を4Kのディスプレイに表示することになりますので、メーカーと機種による差が大きくなります。

まずもっとも差が出やすいのはアップコンバートという機能です。これがない機種では、ハイビジョンの映像を単純に4Kの画面に拡大して表示するだけですので、画素が荒くなります。有機ELは55インチ以上の大型テレビであることがほとんどで、このサイズでハイビジョンの精細度ではかなり画素が荒い映像になります。

アップコンバート機能があれば、ハイビジョンの解像度から4Kの解像度に画素数を増やして表示しますので、画素の粗さが目立ちにくくなります。

このアップコンバート機能を搭載しているテレビでも、メーカーによるアップコンバート機能の実力に案外差があります。画面のきめ細かさやノイズの発生状況に差があり、それが画質の差として感じられます。


スポンサーリンク

有機ELテレビは残像が目立つ?

方式から考えると、有機ELテレビは自発光型ディスプレイですので、液晶テレビよりも応答速度が速く、動画表示に優れているはずなのですが、あまりそのような優位性が感じられないことがあります。

それはコンテンツの映像信号が60コマ/秒(60p)であるためです。有機ELテレビの場合はほとんど搭載していますが、倍速駆動という機能があると、コマとコマの間に1コマ挿入し、120コマ/秒(120p)で表示します。

もともとの映像信号に無いコマを作り出して挿入するので、少々不思議な感じがしますが、高速の演算処理をしてそのような作業を行っています。それにより滑らかな動画表示が可能です。

この倍速駆動という機能も、メーカーと機種間の差が大きく、前述のアップコンバートと合わせて画質に大きな差が生じます。これらに関しては、ソニーと東芝が高い評価を受けていますので、一度家電量販店のテレビ売り場で比較してみるとよいでしょう。その際は、地デジ放送を表示してもらって、複数の機種で比較しましょう。

まとめ

有機ELテレビの映り込みと地デジの画質について解説しました。最先端の技術を実際に見て確認しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました