ソニーブラビア2022年モデルの発売日はいつ?新製品の価格は?QD-OLEDとMiniLEDバックライト搭載!

ソニーブラビア2022有機ELと液晶

ソニーブラビア(SONY BRAVIA)の2022年モデルが発表されました!日本だけでなく世界でもソニーファンは多く、毎年発表される新製品には注目が集まります!

いろいろな最新技術が導入されますが、中でも注目はQD-OLEDパネルとMiniLEDバックライトです!2021年以前のモデルと比較しながら紹介します!

2022年4月20日時点で、2022年モデルの発売日と価格は発表されていません。情報が確認でき次第追記していきます!

ソニーのワイヤレスヘッドホンについてこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

ハイエンドの有機ELテレビにQD-OLEDパネルを搭載!

テレビおよびディスプレイ業界的にもっとも注目を集めそうなのが、QD-OLEDを搭載した有機ELテレビ(A95Kシリーズ)が発売されることです!

QD-OLEDとは、韓国サムスンが開発しているもので、青色OLEDの上に量子ドットを配置してフルカラー表示をできるようにした有機ELパネルのことです。

量子ドットは、青色光を吸収して緑色および赤色の光を放出する材料で、これを緑色および赤色のサブピクセルの位置に印刷することでRGBのサブピクセルを作製することができます。

量子ドットの特徴は、緑色および赤色の発光スペクトルの幅が狭いことで、これによりテレビの色域(表示可能な色数)が増えます。おそらく、現時点で販売されているテレビの中でももっとも色域の広いテレビとなるでしょう。早く実物を見たいですね!

有機ELテレビに42インチと48インチが追加(A90Kシリーズ)!価格は?

最近のテレビは大型化しています。それはそれで良いのですが、困るのは高画質モデルで50インチ未満が少なくなっていることです。日本の住宅事情を考えると、50インチ以上のテレビでは大きすぎる部屋も少なくありません。

ソニーではA9Sという48インチの有機ELテレビがありますが、これは2020年モデルで2021年モデルは発売されませんでした。このまま48インチが無くなってしまうのかと心配しましたが、幸いなことに2022年モデルでは48インチが発売されます。それだけでなく、さらに小型の42インチモデルも登場するとのことです!

おそらく最も小型な有機ELテレビが最安モデルになるでしょう!

これで有機ELテレビを選ぶユーザーも増えるでしょう!


有機ELテレビ(55インチと65インチと77インチ)A80Kシリーズ

詳細はまだ発表されていませんが、基本性能を高めた55インチと65インチと77インチの有機ELテレビ(A80Kシリーズ)も発売となります!

旧型となるA80Jシリーズがどこまで実売価格が下がるのかも楽しみです!


スポンサーリンク

MiniLED搭載の4K液晶テレビX95Kシリーズ

ソニーもついにMiniLEDバックライトを搭載した4K液晶テレビを発売します!TCLやシャープなどがMiniLED搭載4K液晶テレビの発売では先行していました。

しかし、液晶パネルの直下にLEDを多数並べたバックライトでは、「Bakclight Master Drive」としてソニーが世界に先駆けて製品化していました。それに触発されて現在のMiniLEDバックライトが登場した歴史を考えれば、満を持して登場という感もあります。

型番からX95Jシリーズの後継機種と考えられますが、X95Jシリーズもかなりの高画質でしたので、どこまで実売価格が下がるのか楽しみです!



スポンサーリンク

MiniLED搭載の8K液晶テレビZ9Kシリーズ

ソニーも8K液晶テレビZ9Jシリーズを発売していますが、これの後継機種としてZ9Kシリーズが発売されます!
75インチと85インチの大型テレビで、MiniLED Backlight Master Driveが搭載されます!

今回ソニーが発表した機種も、グローバルで発売する全機種を紹介するもので、必ずしも日本で発売されるとは限りません。

特に8K液晶テレビの場合、北米市場向けである可能性があり、現行のZ9Jシリーズも日本では販売されてなく、その前の2020年モデルのZ9Hシリーズがソニーストアのサイトに掲載されているのみです。


ソニーのブルーレイディスクレコーダーについてこちらの記事で紹介しています。

まとめ

ソニーのテレビ「ブラビア」の2022年モデルについて紹介しました。ソニー公式YouTubeチャンネルで2022年1月5日に発表された内容です。

Sony | 2022 BRAVIA XR TV Lineup – First Look And Overview

グローバルでの製品展開ですので、日本で発売されないモデルも含まれている可能性があります。また日本での発売日はまだ発表されてなく、発売前に何らかの変更がある可能性もあります。

追加情報が確認出来次第、随時更新していきます!

2022年モデルのLGの有機ELテレビについてこちらの記事で紹介しています。

ハイセンスのテレビの2022年モデルについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました